FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments : -

38 Mischi @ 2007-02-09 URL EDIT
動画うp 話はそれからやッ!
39 el @ 2007-02-10 URL EDIT
まじ人に見せられる動画じゃないので・・・
Post a Comment
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます
Submit

Trackback : -

TrackBack URL for this entry
http://elvl.blog48.fc2.com/tb.php/51-8dba63bc

better than FRAPS

better than FRAPS

2/10修正。guncamでもcodecを指定できるとのこと。つーわけで、guncam以外を探す必要が無くなった。若干解りにくいので追記にて説明。

人の考えることは同じで、better than FRAPS なんて露骨なフレーズで検索してもツールが見付かりまくり。

FRAPSは独自のcodecを使ってるけど、codec自体がそこまで軽くないのと、クリッピング出来ないので僕の環境だとかなり重くて話にならず。

guncamは独自ファイル形式に書き出し+クリッピング可能。(僕の環境だと)FRAPSとは比べ物にならないほど負荷も少なく、タイムスタンプも入れる事が出来たりといい感じ。以下で詳しく説明。

guncamでの録画からavi出力までの手順

guncamは設定次第で録画効率が変わるので、設定には一度目を通しておくべき。

guncamのインストール場所
テンポラリの書き出しはguncamをインストールしたディレクトリ直下にされるので、guncamを高速なHDにインストールすることが重要。(MoEと物理的に別のHDだと尚良い)
録画範囲とfps
自分の場合、700*484(viewport+α)を等倍のまま16fpsで取り込み。当たり前だけど画面全体を撮ると重い。クリッピングできるのがFrapsと比べての利点の一つでもあるので、viewportを使っていて、会話ログ等を撮る必要の無い人は範囲を絞るだけでもかなり軽くなる。
gcfの形式
録画時は、gcfという独自形式に出力。Fast1と2があるが、2は若干色の破綻が発生することがあるので1がお勧め。(Advanced Setup内で設定可能)正確には調べていないが、ほぼ完全なlossless。
gcfの保存
録画を停止した直後はテンポラリにgcfが書き出されている。次の録画を別のgcfに区切るなら、テンポラリを手動でgcfに保存する必要がある。(File > Save CGF Film)保存後、Erase Film From Memory を実行することでテンポラリ及びメモリがクリアされる。多少はマメに保存しないと、gcfが数Gになってしまう。(あまりでかいと読み込みと保存に時間がかかる。)
aviへの出力
gcfをaviに書き出すには、Video Editorから行う。ここで必要なシーンだけ切り取ったり、他のgcfと結合する事も可能。なのだけど、たまに結合がうまくいかないことがあるので、最初からgcfごとに何も考えずに一度出力するようにしてる。(losslessで出力するなら何度編集してもいいし)
出力時のcodecの詳細設定
guncamからはcodecの詳細設定ができない。ffdshow内でH264を設定したり、DivXの圧縮設定や縮小をしたりするには、設定を行う必要がある。aviutl等の保存画面でcodecを選択し設定を行うと、guncamでのcodec使用時にも設定が引き継がれるのでそれを利用する。(もっといい方法あるのかもだけど・・・)

guncamからlosslessでaviに持っていく方法

guncamのExport Setup内にUser FourCC codeという欄があるので、そこを選択して任意のFourCC codeを入力。

例えばH264を使うには、僕の環境だとffdshowを経由することになる。ffdshowのFourCC codeであるFFDSをExport Setupで設定し、ffdshowの設定内で H264を選択する。前述の通り、guncamからはcodecの設定ウィンドウが開けないので、aviutl等から設定しておくという卑怯な方法で可能。

H264は他のlosslessなcodecの二倍以上の圧縮率を誇るのだけど時間がかかる。けど保存用マスターを作るには向いてると思う。aviutlやVirtualDubでの編集過程でカットを作ったりするのなら、huffyuvあたりが高速でいい感じ。guncamからは何故かhuffyuvが正常に使えなかったのでH264を使ったとも・・・

現在はH264があまりにも重いのとシークが遅く、YUV独特のノイズ?が乗るのでCamStudio Lossless Codecというcodecをguncam→avi時には使用。FourCCはCSCD。容量は大きいが高速で全くロスがない。(これでaviにした動画をaviutl等で編集すれば、bmpでスクリーンショット取ったのと同じ質の静止画が取れる。)

Comments : 2

38 Mischi @ 2007-02-09 URL EDIT
動画うp 話はそれからやッ!
39 el @ 2007-02-10 URL EDIT
まじ人に見せられる動画じゃないので・・・
Post a Comment
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます
Submit

Trackback : 0

TrackBack URL for this entry
http://elvl.blog48.fc2.com/tb.php/51-8dba63bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。